Activity Reports超域履修生による、ユニークで挑戦的な活動のレポート。

授業レポート | 超域イノベーション総合


新しい価値創出のためのものづくり

2015/2/2

課題提供者: パナソニック液晶ディスプレイ株式会社

このチームのミッションは、「本当に欲しい、望まれているディスプレイの提案」です。現在ディスプレイ業界では、高精細化、低消費電力化、薄型・コンパクト化といった特性の更なる進化とともに、曲がる・透明・3D・触覚といった新技術の開発が進められています。しかしながら、魅力的なアプリケーションは未だ示されているとは言えません。未来のシーンを描くことで、新しい価値を創出するディスプレイを提案してください。

■活動概要&成果

価値共創(Creative shared value)

チーム「Visara」は、社会も企業も顧客もそれぞれにとって「共有できる価値」を創造することを目指して、社会的な課題(少子高齢化社会における福祉、教育、雇用問題etc.)に注目しました。特別養護老人ホームや在宅勤務のためのテレワーク導入会社などの現場を訪問し、様々な場面でのディスプレイの利用シーンを描いていきました。

プロダクトにどう落とし込むのか?

社会課題からのアプローチでは、具体的なディスプレイというプロダクトに落とし込んでいくことに大きな壁がありました。そこで展示会や相手方企業の方とのディスカッション、文献調査で、価値を実現するためのシーズやプロダクトのヒントを探していきました。また、実際に自分たちで実験をしながらアイデアをくり返し検討しました。その結果、最終成果発表では、自分たちで作成したイメージビデオを使いながら、働き方の選択肢を広げるテレワークのための新しいディスプレイコンセプトを提案しました。

仕掛けを提案する

KJ WORKSの現状、住宅業界の現状などを押さえつつ、「100年」という大きな流れ、とくに人口の変動、人口構成の変化、人口の移動を考慮した顧客開拓の仕掛け「KJ WORKS INN」を考案し、さらに、事業の展開を時系列で提案しました。