「超域イノベーション博士課程プログラム」は大阪大学の研究科に進む大学院生の中から選抜された履修生が集い、「知」のプロフェッションルへと育っていくところ。

copy_message2015

大阪大学総長
西尾 章治郎
大阪大学総長 西尾 章治郎

 現代社会が、科学技術を中心とした多様な「知」に支えられて、発展してきたことは言うまでもありません。しかしながら、グローバリゼーションや情報技術の進展のもと、「知」の生産・流通・活用のモードには大きな変化が起きつつあります。一方、社会の現実に目を移せば、持続可能性、人口減少社会、格差の拡大、価値の多様化など、様々な要因が複雑に関係する幾多の難題が立ちはだかっています。「知」の新たなモードをこれらの難題の解決にどのように活用するかが問われています。新たな「知」を創り出すに留まらず、その「知」から新たな価値を生み出していけるような俯瞰力と独創力に富んだ新たな人材が求められています。
 大阪大学は、1931年の創立以来、懐徳堂と適塾から学風と精神を継承し、その先進性とたゆまぬ挑戦性を基軸として、従来にはなかった斬新な学部や学科を設置しながら、常に新たな「知」を切り開いてきました。また、2005年以降、コミュニケーションデザイン・センターやグローバルコラボレーションセンターなどを設置し、学部や研究科を超えて高度教養や国際性を涵養する横断的な教育を推進し、「知」の担い手となる高度人材の育成に取り組んできました。2012年には、それらの先導的な教育の成果を基盤に据え、高度な専門性に支えられた知的体力と勇気、創造力を持ち国内外の政財官学界で活躍してグローバルリーダーとなる博士人材の養成を目指して、5年一貫の博士課程プログラム「超域イノベーション博士課程プログラム」を開設しました。
 新たな知や新しい価値の創造が成長の基盤となる知識基盤社会である今日にあって、新時代の大学には、多様な「知」の協奏により卓越した「知」を共創し、社会や世界に還元していくことが求められています。大阪大学はこの「知の協奏と共創」を実現する場となり、社会の負託に応えていきたいと考えています。超域イノベーション博士課程プログラムはその中核となる取組の一つと位置づけております。大阪大学の14の研究科から選抜された大学院生が文理を越えて集い、研究科での高度な専門性の追求を基軸としながら、独自の汎用力についてのコースワークで切磋琢磨するプログラム、これこそが、来るべき時代にグローバル社会の様々な方面で未開拓の分野を先導して開拓していく博士人材の育成につながると信じます。専門領域、国境、既成概念、相場観といった“境域”を超えた新たな取り組みを通じて、社会システムの変革を導くイノベーション、すなわち“超域イノベーション”を先導していく次代の博士人材を輩出することを目指していきます。