About Program

超域 経済的支援

経済的支援制度

本プログラム履修生の主体的かつ積極的な活動を奨励するため、また活動ボリュームの増加をサポートするために多方面からの支援体制を整えています。

給付型奨学金制度(Basicコース本履修生およびAdvancedコース履修生対象)

本プログラムと研究活動の両立をサポートするため、給付型奨学金を支給*します。 支給金額は年度毎に決定します。 2020年度予定額 Basicコース本履修生:月額6万円 Advancedコース:月額7万円 *別途審査あり。他の給付型奨学金やJSPS特別研究員(DC)研究奨励金との重複受給は不可。

授業料免除制度(Advancedコース履修生対象)

Advancedコース履修生は、本学大学院在籍に必要な授業料が免除*されます。 *別途審査あり

渡航費、活動費の支給

カリキュラムに設定されている海外実習(本履修生M1)、 国内実習(準履修生M1)、国内外での実践活動(本履修生M2, D2-D3)、その他の活動等について、渡航費、活動費、予防接種費用等を支援します。

IELTS受験費用の支給(Basicコース本履修生およびAdvancedコース履修生対象)

英語能力向上の支援を目的として、英語能力検定試験IELTSの受験費用を支給*します *各年度につき1回まで

自主的活動への支援

履修生が自ら発案する社会課題に関連した活動*に対して、実施計画を審査のうえ活動費を支援します。 採択件数、予算上限は年度毎に決定します。 *複数の履修生からなるチームで活動することが条件となります。