Selection

2022年度Basicコース選抜プロセス、合格発表および注意事項

私たちが今ここに生きている21世紀の地球社会が抱える課題は複雑化しています。それはもはやたった一つの領域だけでは対応できなくなっています。イノベーションを起こすには領域を超えなければなりません。学問の区分を、産業の分業を、文化の差異を、社会の多様性を、超えていかなければなりません。 本プログラムでは、そうしたイノベーションを引き起こす人材を育成するために、デザイン思考・システム思考・フューチャーデザインといった最先端のスキルを習得し、さらに開発途上国の素朴な暮らしや、国内外の先端的な研究・実践活動の現場に身を投じ、学生が本当の自分を見つけるための充実したカリキュラムを用意しています。 あなたにしか創造できない「新しい世界」を、構想してみませんか。あなたの挑戦に共感し、共振する仲間とともに。

About Program

超域って何?

Basicコース科目

Advancedコースのコア科目「超域イノベーション総合」

Advancedコースの活動「自主実践活動」

経済支援(2022年6月24日 更新 ※フェローシップの「推薦可能」を「優先採用」に変更)

説明会の開催(録画公開中

2022年度Basicコース履修生選抜試験の出願を予定されている方に向けて、説明会を実施します。
超域の授業や制度を詳しく知りたい、研究と両立できるか不安などのご関心をお持ちの方は、是非お気軽にお申込みください。


●実施日  :2022年6月9日(木)10:30~12:00
●場所   :大阪大学吹田キャンパス CoMIT棟3階 セミナー室1(オンライン参加も可)
●参加方法 :Web登録
●申込期限 :説明会開始前まで




個別相談会の開催

2022年度Basicコース履修生選抜試験の出願を予定されている方に向けて、個別にオンライン相談会を実施します。
超域の授業や制度を詳しく知りたい、研究と両立できるか不安、実際の履修生の声を聞いてみたい、などのご関心をお持ちの方は、是非お気軽にお申込みください。

●実施日:随時(〜2022年6月30日)
●参加方法 :selection[@]cbi.osaka-u.ac.jpに実施希望日(3候補程度)を送ってください。※複数人での参加も可




「社会と知の統合」を実現するイノベーション博士人材フェローシップへの
 優先採用実施について(2022年6月24日 更新)

今回、Basicコース選抜試験の合格者を対象に「社会と知の統合フェローシップ」への優先採用を実施することとなりましたのでお知らせいたします。

2022年度Basicコース合格者のうち希望した者については、2024年度に本プログラムAdvancedコースへ進学すること等を条件に、2024年度4月より「社会と知の統合フェローシップ」へ優先的に採用されることとなります。

当該フェローシップでは、博士後期課程の学生を対象に年間250万円の経済支援金が最長3年間支給されます。

 ◯研究専念支援金(生活費相当)月額20万円(予定)
 ◯研究費 年額10万円(予定)

※優先採用の詳細条件の通知および希望調査はBasicコース選抜試験合格者へ別途行います。
※当該フェローシップは博士後期課程学生を対象としているため、Basicコース(博士前期課程)期間は従来通り超域独自の経済支援が実施されます。

<「社会と知の統合フェローシップ」についてはこちら> https://www.cscd.osaka-u.ac.jp/fiks/
※上記HPは現在更新作業中ですので、募集要項は最新の情報ではありません。ご注意ください。

超域 YouTubeチャンネル

ダウンロード

出願方法

以下(1)〜(3)の事項全てを出願受付期間内に完了してください。 (詳細は募集要項を参照してください。)

(1)受験者情報の登録【Webフォーム】
(2)出願書類の送付:(1)のWebフォーム内にて提出
(3)指導教員の推薦書・履修承諾書の提出【Webフォーム】

選抜プロセス

選抜プロセス(内容) 期日等
願書受理期間 2022年6月13日(月)〜 7月4日(月)16時
レポート課題
(本履修生対象)
2022年7月5日(火):課題提示
2022年7月27日(水)正午:提出締切
レポート審査・面接試験 2022年8月9日(火)・10(水)

試験内容の詳細、諸注意事項は募集要項に付属している2022Basic選抜_レポート審査・面接試験詳細を参照してください。
追試日/予備日 2022年8月22日(月)・23(火)
合格発表 2022年9月中旬予定 (本プログラムホームページにて発表)
履修宣誓式・ オリエンテーション 2022年10月上旬予定