大谷 洋介(おおたに ようすけ)
特任教員紹介
大谷 洋介(おおたに ようすけ)
特任助教
専門分野 霊長類社会生態学・行動学 
担当業務 キャリア形成支援、選抜、自己点検外部連携、
担当授業 システム思考
超域イノベーション展開(授業レポート
超域イノベーション総合授業レポート) 他
チューター担当学部・学科 工学研究科、情報科学研究科
研究関心 屋久島に生息するオスのニホンザル亜種(ヤクシマザル)の生活史、集団との付き合い方
ボルネオ島に生息するブタオザルの生息地利用形態
野生霊長類を対象とした顔認識・個体識別システムの構築 等
space_sp-appointed

研究紹介

img_sp-appo_ohtani_01 サルの社会生態研究というのは、野生動物の研究の中でもいくつかの特殊性があります。例えばサルほど多様な行動レパートリーを持ち、社会構造が複雑な動物はそれほど多くありません。何年もサルを観察していても新しい行動に出会うことがたびたびあり、これはサル研究の大きな醍醐味だと私は思っています。もうひとつの大きな特殊性は「追いかけて観察できること」です。想像してみると分かるかと思うのですが、鳥やキツネを森の中で長時間追うことはほとんど不可能に近いのです。ヒグマなどであれば研究者は2日と生きていないでしょう。その点、ニホンザルなど何種かの霊長類は移動速度が比較的遅く、また鳴き声を発しながら群れで生活していることから、人間が後ろをついて回り直接観察することが可能なのです。このことから研究史が始まって以来、野生のサルの研究では詳細な観察記録を取ることが基本となってきました。
 もちろん最新の研究ではDNA解析や非破壊検査法、GPS発信器など様々な技術が利用されていますが、やはり多くの生態研究者はサルの顔を一頭ずつ覚え(個体識別)、秒単位で記録をとっていくことを基本としています。
 ではそのような細かい記録(何時何分何秒から何時何分何秒までに、この種類の果実をいくつ食べた、というような)を取って一体何が分かるのでしょうか。ここではその一例を紹介したいと思います。
 私は屋久島のニホンザル亜種(ヤクシマザル)のオスを対象に、直接追跡・観察を実施しました。まず準備として群れの中のサルの顔を全て覚え、個体間交渉(誰が誰に攻撃したか、他のサルに対してどのような行動を取るのか)から、順位関係を明らかにしていきました。その後、日がな一日オスザルのお尻を追っかけ、どのサルと一緒にいるのか、どんな行動を取っているのかを記録し続けました。すると、以下の様なことが分かってきました。
・群れの中で順位の低いオスがたびたび群れから離れ、単独で移動していること
・単独で移動している最中は採食(ものを食べる)行動に費やす時間が多くなること
・単独のときには採食速度(1分間にいくつ果実を食べるか)が非常に遅くなること
・このような単独行動が低順位のオスに多いこと
これらの記録を統合すると、低順位のオスは群れの中では十分な食事ができず、そのため一時的に群れを離れて一人でゆっくり食事をしている、という姿が浮かび上がってきます。メスは低順位でもこのようなことが起こらないため、オスとメスでは群れ=社会への帰属の仕方が異なっていることが推測されます。このように、細かな行動を記録し統合していくことで彼らの複雑な社会の有り様が徐々に見えてくるのです。
 霊長類研究に限らず生態学研究というものは、多くの場合非常に地道な作業と記録の積み重ねで成り立っています。一見すると何の役に立つのか分からない記録を延々と取り続けた先に、生き物が作り出すシステムの全体像がおぼろげに見えてきて、さらに自身の研究がその一端を非常にクリアに描き出せたときが、最も研究の楽しさを感じる瞬間かもしれません。

私にとっての超域とは?

 超域生と話をしていると飽きがきません。様々な角度・視点からの考えと、それを言葉にする術を持っていて、会話の場が独特の雰囲気を形成します。その面白さは各々の専門分野が異なるということ以上に、自身の考えを場に出し、異なる背景の人間の異なる意見と混ざり合うことの楽しさを知っているために生まれるものかも知れません。学部生の頃から霊長類の研究者を目指し、そのコミュニティの中で多くの時間を過ごした私にとって、超域は教育の場であると同時に多くの学びをもたらしてくれる場だと感じています。
photo_sp-appo_ohtani_03

超域生の声

 私が超域生になった年に大谷先生は赴任されました。超域では20代のホモ・サピエンスを対象にしておられます。学生との距離もかなり近くまた少し天然なところがあるため、私はすぐに先輩に慕っている後輩のように仲良くさせていただくことになりますが、実際は冷静に学生を評価できる先生です。コミュニケーション能力が高く、また人柄が良いのも相まって、超域外部の方との関係性を築きあげ、その中でより多くの超域生の学びの機会を与えていただいております。

2015年度生 勝本 啓資さん

space_sp-appointed
photo_sp-appo_ohtani_04

message

 超域には様々な教員と学生がいて、時には自分というものに疑問を持つことがあるかもしれません。しかしそういうときこそ一足飛びの成長を遂げるチャンスだと私は考えています。るつぼの中に自分を放り込んで、混ざりあった中から自分を再形成する、という過程を楽しみながら実践してもらえればと思います。