山村 麻予(やまむら あさよ)
特任教員紹介
山村 麻予(やまむら あさよ)
特任助教
 
専門分野 教育心理学・発達心理学
在職時の担当授業 トランスファラブルスキルワークショップⅡ
スポーツコミュニケーション(授業レポート1234)、
超域イノベーション総合授業レポート) 他
研究関心 ・子どもの「思いやり行動」の発達 / 「やさしい」とはどういうことか?
・児童 ・生徒・学生のノンバーバルなコミュニケーション
・「気になる子」「しんどい学生」への対処方法についての介入実践
space_sp-appointed

研究紹介

「こころ」はだれにも見えないけれど  / 「こころづかい」は見える / 「思い」は見えないけれど  / 「思いやり」はだれにでも見える
img_sp-appo_yamamura-asayo_01  一時期、テレビCMでも使われていた宮澤章二の「行為の意味・青春期のきみたちに」の一節です。さて、本当に「思いやり」は見えるのでしょうか?心理学者の立場で言えば、「思いやり行動(向社会的行動:prosocial behavior)」は見えるけれど、「思いやり(向社会性:prosociality)」は見えません(詩に対してケチを付けているのではありません、もちろん)。こんなCMが放映されて皆が共感する、そんな「人を思いやる」ことを大切にしているのが日本特有の文化であるともいえます。
 さて、このような文化のもと、「困った人がいたら助けましょう」ということを、私たちは幼少期から教えられています。それは人の集まりである社会で生きていく上で、非常に重要なことなのですが、「どんなタイミングで」とか「どう助けたらいいのか」について、教えられたでしょうか。ひとは、何か行動を起こす前に、相手のことや周囲の状況、自分の状態など、あらゆる要因を踏まえて考えています。このような「困った人が居たら助ける」という行動はどう発達するのか?を明らかにするのが、私の研究です。具体的には、小学校や幼稚園をフィールドに、観察を行なったり、生活支援を行なったりしながら、子どもたちの様子を知るところから始めます。生活アンケートとしてマンガを使った質問紙実験に協力していただいたり、教職員の方々にその結果をフィードバックしながらお話を聞いたりすることで研究を進めています。言葉に頼らないコミュニケーションは、私たちの日常生活に自然と発生しますが、あらためて考えると不思議なことがたくさんあります。私が教育現場に入ることで、ちょっと立ち止まって「思いやりって何だ、どう振る舞うことがいいんだ?」と考える機会となれば嬉しいな、と思っています。
 また、子どもたちとふれあう中で、「特別な配慮が必要な子」との関わり方を肌で知り、それを体系化していかに他の現場に伝えていくのかということにも問題意識を持っています。何らかのケアを必要とするひとへの対応は、ときにチームでの支援が必要です。そんなとき、どのような方針を示せば助ける側・助けられる側の両方に負担なく動くことが出来るのかについて考えています。
 一般的な公立小中学校で行なわれていることや、子どもを含めた他者との関わり方、ひとの発達などでギモンに思うことがあればぜひお声かけください。

私にとっての超域とは?

 超域はコミュニケーションの場です。自分の専門を試す場であり、意見を迷わず発言できる、そして互いに主張を戦わせていいという安心な場所。専門分野を超えるのはもちろん、今までのコミュニケーション様式を超えて、授業形態を超えていく、新しいチャレンジができる場所です。どんなふうに背景が異なる人々が関わっていくのか、教育心理学的な見地からも面白く見ています。

超域生の声

 山村先生は常に学生と近い位置で学生と超域しようと取り組んでいる熱意に溢れた先生です。学生がやりたいことを一緒に考え、説得力のある伝え方を指導する。このような手厚いサポートがあるからこそ、超域生が自由な挑戦が出来ているのだと思います。たまに送る休日メールも嫌な顔せず、電光石火で対応して頂き、本当に感謝しています。(迷惑かけて、すいません。)
 また、山村先生は優しい顔をしながらも毒舌な一面も併せ持っています。これは超域生1人1人に気を配り、しっかりと理解した上で言いにくい事でも指摘してくれる事を意味しています。これも超域生の成長を心から望んでくれているからこそだと思います。

2014年度生 白瀧浩志さん

space_sp-appointed
photo_sp-appo_yamamura-asayo_03

message

 今のままじゃダメだなと思っていて、でもどうしたら良いか分からない。そんな人はたくさん居ますが、そこから一歩進んで超域の扉をあけた皆さんは、他の人にはないものを持っています。まずは周りの色んな人を知ってください。そうすれば、自分自身のことも見えてきます。この恵まれた環境で、たくさんの失敗と、すこしの達成感を得てくれたら嬉しいです。