title_minor_prg

大阪大学 大学院副専攻プログラムとは?

 学生が所属する主専攻の教育課程(カリキュラム)以外の内容を学んだり、あるいは主専攻の専門性を活かすための関連分野を学んだりするための教育プログラムです。
>>副専攻プログラムについての詳細はこちら

超域イノベーション副専攻プログラム

 超域でも、副専攻プログラムを開設しています。博士課程教育リーディングプログラム「超域イノベーション博士課程プログラム」(以下、超域プログラム)での授業科目のなかから、博士前期課程向けの科目群を選りすぐって提供します。
 超域イノベーション副専攻プログラム(超域副プロ)の履修を通して、諸々の複合的な問題や課題に対応できる素養や基礎をもった人材の育成を目指します。

超域副プロの強み!

 リーディングプログラムである超域プログラムと同じ授業科目が受講できる他、たくさんの特長があります。

大阪大学内にある全研究科から履修ができ、あらゆる専門分野をもつ大学院生が集う
学内外から選りすぐられた教員による様々な授業が受けられる
超域副プロを履修した実績があれば、超域プログラムの2年次編入に出願するときに特記することができる
副専攻の修了要件を満たせば、所属する大学院の課程修了時に、副専攻の修了認定証が交付される

実際に超域副プロを受講している方のインタビューが、こちらに掲載されています!

「超域イノベーション副専攻プログラム」についての案内冊子を公開しています。


平成29年度の募集スケジュール等は後日お知らせいたします。