Member

鈴木 寛太郎

研究科
工学研究科
専攻
地球総合工学専攻
専門分野
船舶海洋工学
所属学会
日本船舶海洋工学会
職歴・学歴
2014年3月 神奈川県立湘南高校 卒業
2019年3月 学士(工学)東京工業大学工学部土木・環境工学科 卒業
2019年4月 修士(工学)大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻船舶海洋工学コース 在学中
趣味・特技
映画鑑賞、動画編集
卒業論文
溺水シミュレータ DRUM:抗力の再現性の検証とエントラップメント事故への適用
鈴木 寛太郎

Message私は現在、工学研究科で船舶工学を専攻しています。船舶工学にあこがれて学部で専攻していた土木工学を離れ、今春から大阪大学で船舶・海洋工学を学び始めました。人よりも多くの学ぶことがあり大変ではありますが、この学問を専攻できることを誇りに思い、日々精進しています。現在取り組んでいる研究は、波の中を航走する巨大船舶が受ける力に着目し、その推定精度を向上させることです。
自身の専攻に専念するだけに留まらず、本プログラムに参加した理由の一つとして、学部で土木工学を専攻していた時に聞いた印象的な言葉があります。「理に叶い、法に叶い、情に叶う」という言葉です。これは公共事業は理屈や理論、法律、規則だけではうまくいかないという教えです。この言葉を聞いたときに強く感銘を受けた事を覚えています。この言葉は公共事業について言及していますが、それに留まる話ではないでしょう。この超域イノベーション博士課程プログラムが提示するように、複雑化する社会では、より一層「人間力」が重要になってくると思います。Basicコースでは様々な背景を持った人に触れ、理系的視野にとらわれず、幅広い考え方ができるようになると共に、人間力を向上させていきたいと思います。