Member

吉崎 史晃

研究科
法学研究科
専攻
法学・政治学専攻
専門分野
競争法(独占禁止法)
国際経済法(GATT, WTO)
職歴・学歴
2017年3月 神奈川県立柏陽高等学校 卒業
2017年4月 慶應義塾大学法学部法律学科 入学
2020年3月 慶應義塾大学法学部法律学科 中途退学(飛び級による)
2020年4月 大阪大学大学院法学研究科 入学
趣味・特技
ランニング、バスケットボール、格闘ゲーム、外国語の習得
E-mail
fumiaki.yoshizaki[at]gmail.com

Message 特に2つの問題について関心をもち、研究を進めています。一つは競争法違反行為の代表例であるカルテルに対する法的執行についてです。カルテルに対する競争法執行の目的として、違反行為者に対する「制裁」と、違反行為の被害者に対する「救済」という2つの軸がありますが、これらの目的を実現する制度の在り方・性格は国・地域毎に多種多様です。この点について比較法研究を行っています。
 もう一つはGAFAをはじめとするデジタルプラットフォーマーの規制についてです。目下、欧州のGoogle Shopping 事件をリーディングケースとして、デジタル広告市場の規制に関心を持っています。
 競争法の面白さは次々と新しい問題が生じてくるところにあると思っています。この新しい問題を考えるときに必要な考慮というのは、法学の知見に限られません。超域プログラムでは専門を異にする方々から刺激を受けながら、より俯瞰的でありながら繊細に、メタレベルで問題を考察する力を涵養していきたいと考えています。