超域イノベーション・コア

超域イノベーション総合

超域イノベーション実践

今日、社会における課題はますます複合的で多面的になってきており、その解決のためには、様々な境域を超えた革新的な取組が求められています。そのような時代のもと、社会の多方面で広く活躍できる次世代の博士人材を目指して超域イノベーション博士課程プログラムの大学院生が、自らの専門力や汎用力を
総合化していくために、単独で社会のフィールドに立ち、当事者との連携のもとで課題解決策の立案や実装の活動を行うイノベーション・チャレンジ。 それが、「超域イノベーション実践(Cross-Boundary Innovation Practice)」です。

Societal issues have become more and more complex in this day and age.
Thus, more nontraditional approaches that transcend disciplinary borders are
in demand to resolve these issues.
Under these conditions, graduate students in the Cross-Boundary Innovation (CBI) Program aim to become next-generation PhD holders who can excel in diverse areas of society.
They will comprehensively blend their expertise with their training in versatility.
This program represents a quest for the kinds of developments
that problem-solving skills can bear through innovative planning, implementation, and cooperation.
This is what we refer to as “Cross-Boundary Innovation Practice.”

「超域イノベーション実践」実施成果ピックアップ(Activity Result Highlights “CBI Practice”)

Innovation_jissen_tab_off_2015
Innovation_jissen_tab_on_2016
Pickup 1

地域生活を支える精神医療福祉システムとは?
What Form of System Would Be Expected to
Support People with Mental Illness in the Community?

精神医療福祉の地域支援モデル構築過程における多職種連携のあり方の探求――
アメリカ地域支援プロジェクトの実践を参考に

人間科学研究科・人間科学専攻 篠塚友香子

 アメリカのUniversity of Massachusetts Medical School(以下、UMMS)にて、約3ヶ月間の「超域イノベーション実践」の活動に取り組みました。精神医学研究所の研究員として、フィンランド発祥のOpen Dialogue (以下、OD)という地域支援モデルをアメリカに導入するプロジェクト「Preparing the Open Dialogue Approach for Implementation in the U.S.」を中心に従事しました。
 精神医療の世界的な動向は入院医療から地域ケアへの移行にあります。入院中心医療は精神疾患に苦しむ人を社会的に疎外する傾向にあると長年批判されてきましたが、昨今の多様化かつ広範化する社会ニーズに応えるためにも地域ケアへの転換が迫られています。日本でも政府の重点的な施策展開により地域支援の充実が進められているものの、現場の実践レベルでは多くの課題が残されています。そこで私は、精神医療の地域化促進に不可欠な契機として多職種連携に着目し、「精神医療福祉の地域支援モデル構築過程における多職種連携のあり方の探求」を活動目標に設定しました。この目標設定は、専門研究で精神科医療福祉の実践者と関わるなかで抱いてきた問題意識とも関係しています。
 ODでは多職種連携のチームにより、地域を基盤とした包括的な支援が実践されており、世界的注目を集めていますが、入院と薬物療法が主流のアメリカの医療制度に導入するうえでは多くの障壁があります。UMMSのプロジェクトチームは、実践者との連携を通して、教育、組織改革、研究を三本柱にODの導入を進めています。UMMSプロジェクトチームの一員として、既存の制度に新しい実践を導入するために必要なプロセスを学び、その成果として(1)新しい実践を導入するプロセスのモデル化、(2)ODの日本での展開可能性の検討を行いました。この活動を通じて、多職種連携とは専門職同士の相互理解を促進するだけでなく、専門職の役割や働き方を規定する制度をも変えていくダイナミックなプロセスにより実現されるのだということを、具体的な事例を通して学ぶことができました。

Exploring a Way of Multi-Disciplinary Team Working in Developing
Community-based Mental Health Care Systems

Department of Human Sciences, Graduate School of Human Sciences
Yukako Shinozuka

 For three months, I was engaged in a project at the Department of Psychiatry, University of Massachusetts Medical School (UMMS), as a part of my “CBI practice.” The project at UMMS is called “Preparing the Open Dialogue Approach for Implementation in the U.S.” Open Dialogue (OD) is a community-based approach for people with mental illness in Finland and the UMMS team has been in the vanguard of the adaptation of OD in the U.S.
 The global trend in psychiatry involves a shift from hospitalization toward community. The conventional system based on hospitalization and medication has been criticized in that it tends to isolate people from society. In considering the fact that the social needs for mental health care supports have increased and diversified, the development of a community-based mental health care system is required. In Japan, while the government has been encouraging the development of support resources in communities, there still are many practical problems in clinical settings that need to be addressed. The purpose of my CBI practice is to explore a way of multi-disciplinary team working in developing community-based mental health care systems. In my research at Osaka University, I have been working with clinical practitioners in a different sector of mental health services and I have realized that multi-disciplinary team working is a crucial factor for developing community-based care systems.
 In the Open Dialogue approach, a multi-disciplinary treatment team provides community-based and integrated supports for people having mental problems, and it has gained a great deal of worldwide attention as a new form of a psychiatric approach. However, there are many obstacles in adapting this approach to U.S. psychiatry, whose treatment relies on hospitalization and medication. The UMMS team, collaborating with practitioners, has been working on the implementation of OD in the U.S. in terms of the following three aspects: education, organizational change, and research. As a member of the UMMS project team, I have learnt necessary steps to integrate a new practice into an existing system. As the achievements of participation in this project, I proposed (1) a model of necessary procedures to implement a new clinical approach at a psychiatric agency, and (2) possible steps to adapt OD to Japan. What I realized through my CBI practice is that multi-disciplinary team working can be achieved not only by an enhancement of communication between professionals, but also by a dynamic change in a whole clinical system that regulates professionals’ roles and their ways of working.

innovation_jissen_2016_img01
Pickup 2

博士と社会の幸福な出会いに向けて
Toward a Happy Encounter between Holders of
Doctoral Degrees and Society

科学技術イノベーション人材の政策に関する調査研究業務

理学研究科・化学専攻 山脇竹生

 私は、これまでの超域の活動を通じて、社会の課題に目を向けるようになりました。そこで、自らが社会にどのように貢献できるかという問い、すなわち、博士のキャリアパスについて興味を持ちました。調べると、博士進学の阻害要因として、経済的な問題に次いで就職の不透明さが理由に挙げられていること、また、科学技術政策上、博士人材のキャリアパスの多様化が求められていることを知り、博士のキャリアパスの調査は個人的興味にとどまらず社会的課題の解決につながることが分かりました。そこで、「超域イノベーション実践」の枠組みをつかって博士の社会での活躍状況を調べることにしました。
 博士人材のキャリアパス把握や可視化に向けた取り組み等を行っている、文部科学省科学技術・学術政策所第1調査研究グループにおいて、2ヶ月の調査研究業務の受け入れを依頼し、研修生として業務に携わらせていただきました。今後、博士の就職者数が拡大すると考えられている職種の中から、シンクタンクおよびコンサルティング企業を選択し、これらの企業が博士の採用についてどのような考えを持っているかについて調査しました。これらの企業は業務として調査研究を行うことから、博士の強みを生かせるのではないかと考えての選択でした。6社の人事担当者に対面のヒアリングによって意見を抽出しました。その他、博士号を持つコンサルタントや大学の職員の方を併せて、計10件のインタビューを行いました。
 調査結果は報告書としてまとめ、リサーチ・アドミニストレーター協議会第2回年次大会にてポスター発表しました。自らが超域の活動で得た経験を、博士の採用問題に対する解決策に含めることで、独自性のあるまとめができ、また、リーディング大学院の取り組みについてアピールすることができました。

Research on Science and Technology Innovation Human Resources Policy

Department of Chemistry, Graduate School of Science
Takeo Yamawaki

 Through past activities in “Cross-boundary Innovation (CBI) Program”, I began to look at social issues. I was interested in the question of how I could contribute to society, that is, about my career path. A recent government survey shows the reason why more students do not enter doctor courses. In the report, uncertainty in finding employment after a graduate doctoral course was isted as a major reason after economic problems. Science and technology policy in Japan also suggests that the diversification of career paths of doctoral staff is required. It turned out that investigating doctoral students’ career paths is not limited to personal interest but can help shed light on solving social problems. Therefore, we decided to investigate the present activities of PhD holders in society as a “CBI practice” activity.
 I asked the National Institute of Science and Technology Policy (NISTEP) 1st research group, where they are conducting surveys on the career paths of doctoral graduates, to accept me for research work for two months as a trainee. We selected think tanks and consulting firms as research targets because the employment of doctoral students is predicted to increase in such entities according to previous investigations. Since employers at the targeted companies mainly conduct research and surveys, PhD holders may have some advantages due to their skills regarding employment and duties in the companies. We gathered opinions by interviewing six people with positions of responsibility from Human Resources. In addition, we conducted a total of 10 interviews with consultants with PhDs and with staff members of a university.
 The results of the survey were summarized as reports and posters, and I presented the poster at the 2nd Annual Conference of Research Administrators. By including my experiences at the CBI program, I suggested solutions to the recruitment problem of doctoral graduates.

innovation_jissen_2016_img02
Pickup 3

水不足を解消し、乾きのない社会を実現するために
To Solve the Water Shortage and Realize a Society with No Thirst

米国カリフォルニア州における水不足問題に対する解決・適応策の提言

工学研究科環境・エネルギー工学専攻 高田一輝

 米国カリフォルニア州では、人口増加や気候変動の影響から、必要な水需要を自給自足できないという問題が深刻化しています。自身の専門が水処理工学であるという背景から、以前より水不足問題に関心を持っていた私は、「超域イノベーション実践」でこの問題に取り組むことにしました。拠点としたのは、カリフォルニア大学アーバイン校で、3ヶ月間滞在しました。研究室では、ろ過装置によって海水や都市下水を処理し水資源を生産することで、水不足解消に貢献する技術の開発が進められていました。
 今回の活動にあたり、私は2つの目標を設定していました。第1には、社会問題を踏まえた研究提言を行うことであり、第2には、専門家として共同研究をするために必要な力を高めることです。今回の基本的な活動内容は大学での研究であり、この点においては日本でのいつもの活動と相違なかったのですが、研究テーマの設定が完全に自由であった点と、知らないメンバーとともに活動したという点において決定的な違いがありました。こうした環境の違いを、自身の成長につなげようと考えたのです。
 まずは水不足問題の実相を把握したうえで研究テーマを設定するため、水不足問題に取り組む関係者へのヒアリング調査を行いました。その中で、海水や都市下水のろ過というひとつの技術だけに注目しても、海水・都市下水ろ過のどちらに力を入れるのか、生産した水資源は誰のものになるのかなどの意見対立が障害となって、組織同士がうまく連携できていないという実情を知ることになりました。そこで、技術的な側面から連携が促進されることを期待し、海水ろ過技術を改善するために開発された研究成果を都市下水ろ過にも適用できるよう「翻訳」する研究を実施しました。慣れない研究環境に苦労しましたが、結果として研究は概ね成功し、現在は論文化を目指しています。

Exploring on-site sensing needs in Brunei, and prototyping and
implementing on-site detection bio sensors

Department of Sustainable Energy and Environmental Engineering,
Graduate School of Engineering
Kazuki Takada

 In California, there is a highly severe problem where enough amounts of water cannot be secured in the region because of population increase and climate change. I had originally been interested in the water shortage problem because my specialty was water treatment, and I chose this theme for “CBI Practice.” I stayed at the University of California, Irvine for three months. The laboratory which I visited tried to develop a device to filter sea water or domestic wastewater for obtaining water resources.
In this activity, I made two goals: to propose a study plan by considering the social problem and to improve my collaboration skills as a researcher. Although it was common that I investigate something at a university as an ordinary activity in Japan, there were two different points regarding my time in the US in that I could freely decide the theme and I had to conduct the research with completely unfamiliar persons. I thought that these differences in the activity could enhance my various skills.
First, I visited some stakeholders who had addressed the water shortage problem to propose the research plan. Then, I noticed that the collaboration was hampered between different organizations involved in the water filtration technology by various conflicts of opinions, such as whether sea water or sewage should be mainly treated, and who possessed the right to sell or manage the water resources produced. That was why I proposed the research plan which could enhance collaboration in terms of technological improvements. I tried to “translate” a fruitful outcome obtained in the field of sea water desalination into that of the sewage filtration. I had a little hard time getting used to research in the different environment, but I managed to obtain an outcome which I would like to submit to a peer-reviewed journal.

innovation_jissen_2016_img03
その他の履修生の活動 〜List of Selected Activities and Location

所属

Graduate School of Students

活動場所

Activity Location

活動名

Activity Contents

医学研究科

Graduate School of Medicine

アメリカ
大阪大学北米センターおよびジェトロ・サンフランシスコ事務所

Osaka University North American Center for Academic Initiatives and JETRO San Francisco, United States of America

アメリカベイエリアを中心とした
バイオベンチャー業界の成功要因についての
考察と日本社会に最適化された
起業支援システムの立案

Investigation of Biotech Economy in the San Francisco Bay Area to Create a Framework for Startup Support Systems in Japan

薬学研究科

Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences

京都
製造業(研究・技術開発)
イギリス
ヨーク大学

Company, Kyoto University of York, United Kingdom

企業インターンシップによる健康食品業界研究、
および海外研究留学により
専門力・論理的思考力増強を経た、
健康食品業界での
グローバル事業計画立案・検証

Planning and Verifying Business for Global Health Food as a Domestic Intern in a Company; Investigating Food Industry and Overseas Scientific Research to Develop My Expertise

工学研究科

Graduate School of Engineering

モロッコ
モロッコ先端イノベーション研究機関

Morocco Optics and Photonics Center (MASciR), Morocco

モロッコにおけるフォトニクスの研究環境の
課題の明確化と新たな方向性の探求

Clarification of Challenges regarding Photonics Research Environment in Morocco and Pursuit of New Directions for the Future

工学研究科

Graduate School of Engineering

イギリス
ブラッドフォード大学

University of Bradford, United Kingdom

セマンティックウェブ上のデータ検索における
オントロジーの品質の影響分析
及びプロジェクトにおける有用性の検証

Analysis of Ontology Quality Effect for Semantic Web Exploration and Evaluation of Ontology Refinement System in Practical Projects

薬学研究科

Graduate School and School of Pharmaceutical Sciences

カナダ
アルバータ大学

University of Alberta, Canada

疾患治療薬の創成を目指した異分野融合研究
-薬学領域及び医学領域の融合研究の実践と
国際的人材交流の可能性の探索-

Cross Boundary Research for Drug Development
-Launching Interdisciplinary Research and Exploring International Collaboration-

innovation_jissen_waku_btm
■ 本活動についてのお問い合わせ 

超域イノベーション実践についてのご連絡は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

宛先:超域イノベーション実践担当

※本ページに掲載している情報は、2017年1月時点のものです。
 The above information is as of January 31, 2017.