超域イノベーション・コア

超域イノベーション総合

超域イノベーション実践

今日、社会における課題はますます複合的で多面的になってきており、その解決のためには、様々な境域を超えた革新的な取組が求められています。そのような時代のもと、社会の多方面で広く活躍できる次世代の博士人材を目指して超域イノベーション博士課程プログラムの大学院生が、自らの専門力や汎用力を総合化していくために、単独で社会のフィールドに立ち、当事者との連携のもとで課題解決策の立案や実装の活動を行うイノベーション・チャレンジ。 それが、「超域イノベーション実践(Cross-Boundary Innovation Practice)」です。

Societal issues have become more and more complex in this day and age.
Thus, more nontraditional approaches that transcend disciplinary borders are
in demand to resolve these issues.
Under these conditions, graduate students in the Cross-Boundary Innovation (CBI) Program aim to become next-generation PhD holders who can excel in diverse areas of society.
They will comprehensively blend their expertise with their training in versatility.
This program represents a quest for the kinds of developments
that problem-solving skills can bear through innovative planning, implementation, and cooperation.
This is what we refer to as “Cross-Boundary Innovation Practice.”

「超域イノベーション実践」実施成果ピックアップ(Activity Result Highlights “CBI Practice”)

Innovation_jissen_tab_on_2015
Innovation_jissen_tab_off_2016
Innovation_jissen_tab_off_2017
Innovation_jissen_tab_off_2018
Pickup 1

国際的な環境キャンペーンの立ち上げにチャレンジ!
Tackling the Establishment of a Global Environmental Campaign!

再生可能エネルギー100%全世界キャンペーンのネットワーク構築及びナレッジデータベース構築を中心とした持続的な運営方法の提案

人間科学研究科グローバル人間学専攻 松村悠子

 ドイツの国際NGO、World Future Council(以下、WFC)にて「超域イノベーション実践」の活動として6ヶ月間のインターンシップを行いました。WFCは、気候・エネルギー、教育、ジェンダーなどの分野で政策研究や提言、世界中の自治体へのアウトリーチを主な活動としています。WFCの1つの施策に「100%自然エネルギー」があります。このキャンペーンの「グローバル・プログレスパネル(以下、GPP)」というプロジェクトに従事しました。
 GPPプロジェクトはアイディア段階で停滞していましたが、私は「GPPプロジェクトを立ち上げ、持続可能な運営システムを提案する」を自身の課題として設定しました。提案では各種の制約の中で国際機関が協働するプロジェクトをどう運営するか、多角的な視点での検討が求められました。試行錯誤の末、既存のネットワークを活かし、制約条件に合致する提案を行うことができました。ここでは超域プログラムの課題解決型学習の経験がおおいに役立ったと感じています。活動の中で、コミュニケーション能力を高め、国境を超えた包括的な研究視座と日本に期待されている役割を認識することができました。世界中の同僚とプロジェクトを組み立て、新たな提案を残せたことは大きな自信になっています。
 その他、東アジアの事例研究のまとめ、国際会議の運営補助等も行いました。自身の専門分野の国際動向を知り、各国の研究者と議論するなかで、研究分野へのモチベーションが上がりました。これらの経験から自身のキャリアへの考え方も変化しました。今後もグローバルな視点で議論・発信できる人材を目指したいと考えています。

Proposing a sustainable management practice focusing on the establishment of a global campaign network for 100% renewable energy, and on the creation of knowledge databases

Department of Global Human Sciences, Graduate School of Human Science
Yuko Matsumura

 As part of “CBI Practice,” I undertook a six-month internship with the World Future Council (WFC), an international NGO based in Germany. The WFC focuses on devising policy studies and proposals in fields such as energy, education, and gender. One of the WFC’s main goals is “100% natural energy,” and I was engaged in the “Global Progress Panel” (GPP) under this campaign.
 I arrived when the GPP project had been stalled at the idea phase, and I set about “starting up the GPP project and proposing a sustainable management system.” Such a proposal had to first address how a project that would be cooperatively operated by global organizations could be managed under various restrictions. After much trial and error, I was able to make a proposal that made use of current campaign networks within the restrictions. My experience in the CBI Program, with its emphasis on problem-solving models, advanced communication skills, and exposure to interdisciplinary perspectives, was invaluable. In addition, constructing such a project with my international peers has boosted my self-confidence.
 I was also engaged in activities such as writing about developments in East Asia and providing management support during international conferences. In addition, through discussions with researchers, I deepened my understanding of international trends in research fields. All in all, I feel motivated to view my career path in a new light and continue aiming to become an effective actor on the global stage.

innovation_jissen_2015_img01
Pickup 2

Happyな入院ができる病院とは?
What Kind of Hospital Can Have Happy Inpatients?

人材コンサルタント企業が実践する一般企業での人材育成及び人材評価の実践に基づく看護管理者の育成方法への応用の検討

医学系研究科保健学専攻 冨田耕平

 人材コンサルティング企業(東京)において約3ヶ月間の「超域イノベーション実践」の活動を行いました。この企業を選んだ理由は、日本の医療、看護に貢献していきたいというキャリアパスを描いているからです。特に看護師の人材育成、働く環境を中心とした臨床現場の課題について取り組みたいと考えています。そのため、看護とは別の現場での人材育成や働き方を学び、同時に修了後のキャリアビジョンを具体的に描いていく方法を模索できる企業にインターンシップとしての受け入れを依頼しました。
 インターンシップでは主に、人財育成のコンサルティング、人財育成・組織改革についてのインタビュー、フューチャーセッションの3つに取り組みました。コンサルティングでは、いくつかのプロジェクトに参加し、人材の育成、リーダーの育成、社員の経験やスキルを集合知として共有していくことなどを学ぶことができました。また、企業を訪問し、人材育成や組織改革について実際の現場で活躍する人々にインタビューを行いました。 インタビューからの学びは医療、看護の世界に応用できる内容であり、今後のキャリアパスを考える上で重要なキーワードといえます。
 インタビューの中で、具体的な理想を描いたうえで看護の課題を考えるべきという指摘を受けました。そこで私は「あるべき看護の姿」について考えるフューチャーセッションというワークショップを行いました。IT企業社長、区議会議員、衛生材料企業研究員などの方々が参加していただきました。ワークショップでは「Happyな入院ができる病院」、「看護師が患者に寄り添うケアの提供」に必要な要素をまとめました。この要素は看護の課題を抽出するための「診断ツール」作成の重要な基礎になると考えています。

Application of cultivation methods by HR-consulting companies for cultivationof human resources in general companies and of nursing managers, based on the actual practice of HR evaluations

Division of Health Sciences, Graduate School of Medicine
Kohei Tomita

 For approximately three months, I was engaged in an internship with an human resource (HR) consulting company in Tokyo as part of my “CBI Practice.” I chose this company because I am currently constructing a career path that will contribute to Japan’s medical and nursing fields. I especially want to focus on on-site issues in clinics, such as the cultivation of nurses and their work environment. For this reason, I requested an internship where I could learn about human-resource cultivation while simultaneously realizing my future career visions.
 In my internship, I participated in three activities: consulting for HR cultivation, conducting interviews, and organizing a workshop. Consulting entailed participation in several projects where I was able to learn about the development of human resources and leaders, and about the importance of sharing comprehensive experiences and skills among employees. In addition, I visited companies and conducted interviews regarding HR cultivation and organizational reform. I learned key details that could be applied to the world of medicine and nursing, all valuable when considering my future career path. Finally, I decided to conduct a workshop called “Future Sessions” on “how nursing should be.” Participants included the president of an IT company, a governmental-ward-assembly member, and researchers from a hygienic material company. In the workshop, we reaffirmed the elements necessary for “a hospital where inpatients can be happy” and for “providing care through close proximity of nurses to patients.” These elements will provide a vital foundation for the creation of “diagnostic tools” which will help identify tasks within the nursing field.

innovation_jissen_2015_img02
Pickup 3

専門技術の新興国での展開可能性にチャレンジ!
The Potential of Technologies in Emerging Economies

ブルネイにおけるオンサイトセンシングニーズの模索と、その場検出型バイオセンサーのプロトタイピングと実践

工学研究科精密化学・応用物理学専攻 井上裕毅

 ブルネイのダルサラーム大学にて、「超域イノベーション実践」の活動として、現地の研究室と共同研究を行いました。この活動での課題は、ブルネイにおけるバイオセンサーのセンシングに対するニーズを模索し、そのうえで発見したセンシングの現地ニーズと適正技術に応じたセンサー装置のプロトタイプを作成し、提案することです。ブルネイという国は、経済的に比較的豊かで昨今は産業創出に力を入れています。イスラム教の国でもあるので日本とは違う文化に触れたいという思いもあり、活動場所に選びました。
 私が当初想定していたセンシングを必要とする分野は、水質汚染、医療、重金属汚染でした。ブルネイでは、まず、分析化学の研究室に所属し、課題について教員とディスカッションを行いました。そこで環境学の教授を紹介され、ブルネイの重金属汚染の問題を知りました。重金属の測定には設備や費用、技師不足など多くの問題があり、その場で簡単に重金属を検出できる装置の必要性を感じました。そこで課題を重金属測定に設定して研究活動を行うことにしました。
 研究に必要な試薬と装置をリストアップすると、入手に3ヶ月以上かかることが判明しました。日本では1週間以内にほぼ揃いますが、ブルネイでは薬品はすべて輸入する必要があり、政府などの承認が必要です。輸入には長ければ1年以上掛かるときもあるそうです。日本との研究環境の違いを思い知らされました。
 ブルネイ滞在の準備は大変でしたが、現地の研究環境や文化など多く学ぶことができたと考えています。また「超域イノベーション実践」の活動後半は、ブルネイでの課題を日本に持ち帰り、日本国内の重金属測定の研究開発をしているベンチャー企業で継続しました。

Exploring on-site sensing needs in Brunei, and prototyping and implementing on-site detection bio sensors

Division of Precision Science & Technology and Applied Physics,  Graduate School of Engineering
Yuki Inoue

 I engaged in joint research with Brunei’s Universiti Brunei Darussalam, as part of “CBI Practice” activities. The purpose was to investigate Brunei’s sensing needs with respect to biosensors, and to create and propose prototypes of sensors in accordance with those sensing needs.
 Initially, I joined an analytical-chemistry-research laboratory, where I had discussions with teaching staff regarding my tasks. There, I was introduced to a professor in environmental studies, and learned of Brunei’s heavy-metal pollution problem. Measuring heavy metals presents many problems with regard to equipment, expenses, and the skill of technicians, which highlighted the need for heavy-metal detection that can easily be conducted on-site. Thus, I decided to focus my research on heavy metals.
 After making a list of chemical reagents and equipment that would be necessary for my research, I found that it would take three or more months to obtain everything I needed. In Japan, most of these things could be prepared within a week, but in Brunei, all chemicals must be imported with approval from the government, a process that can take a year or more.
 This represents one major contrast in the research environments between Brunei and Japan. Although making preparations for my research in Brunei was difficult, I learned a great deal about Brunei’s research environment and culture. In the latter half of my “CBI Practice” activities, I brought my tasks from Brunei back to Japan, and I continue to pursue them in a company that deals with research and development of heavy-metal measurements within Japan.

innovation_jissen_2015_img03
その他の履修生の活動 〜List of Selected Activities and Location

所属

Graduate School of Students

活動場所

Activity Location

活動名

Activity Contents

文学研究科

Graduate School of Letters

スペイン
高等科学研究院
LAAC

Research Institute for Advanced Studies, LAAC, Granada, Spain

スペイン高等科学研究院の一機関における発掘・文献調査及び
文化財保護両面に関する課題解決

Problem-solving regarding both the discovery/research of bibliographic materials and the protection of cultural properties at Laboratorio de Arqueología y Arquitectura de la Ciudad

経済学研究科

Graduate School of Economics

イギリス
グラスゴー大学
東京 NPO法人

The University
of Glasgow,
Scotland;
NPO, Tokyo

日本のパブリック・ヘルスの現場において、
経済学・経営学に求められる
意義と役割、およびその実践

Exploring the significance and role of economics and management studies in Japan’s public health sites

工学研究科

Graduate
School
of Engineering

ドイツ
ライプニッツ研究所

Leibniz
Laboratory,
Germany

ライプニッツ研究所での
先進加工プロセスの開発および産業応用の検討

Studying the development of cutting-edge processing methods and considerations for industrial applications at Leibniz Laboratory

国際公共政策
研究科

Osaka School
of International
Public Policy

東京
ウガンダ在外公館

Uganda
diplomatic
missions, Tokyo

在外公館における専門調査員としての
業務を通した国際的キャリアパス
構築手法の提案

Proposing methods for constructing international career paths for specialized investigators in diplomatic missions through work

国際公共政策
研究科

Osaka School of International
Public Policy

シンガポール、東京
企業

Companies,
Tokyo and
Singapore

ASEANにおける日系企業の
グローバル人的資源管理のあり方の探究

Investigating global human resource management in ASEAN Japanese companies

innovation_jissen_waku_btm
■ 本活動についてのお問い合わせ 

超域イノベーション実践についてのご連絡は、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

宛先:超域イノベーション実践担当

※本ページに掲載している情報は、2016年1月時点のものです。
The above information is as of January 31, 2016.