研究科
Graduate School
言語文化研究科
Graduate School of Language and Culture
専攻
Major
言語文化専攻
Department of Language and Culture
専門分野
Field of Specialty
社会言語学
Social language
職歴・学歴



Education
2012年6月 中国慈溪高等学校 卒業
2016年6月 学士(文学) 中国温州医科大学 外国語学部 日本語学科
2017年3月 学士(文学) 北陸大学 未来創造学部 国際教養学科
June.2012.Cixi High School graduation
June.2016.Bachelor (Arts) Wenzhou Medical University
March.2017.Bachelor (Arts) Hokuriku University
趣味・特技
Hobbies/Interests
作文, 読書, 司会
writing, Reading, Hosting
卒業論文


Guraduation Thesis
【卒業論文】
中国人日本語学習者による感謝表現習得について_x000B_―日本語母語話者との比較から―
The study of grateful expression from Chinese Japanese learner -by comparison with native Japanese Speaker-
E-mail
sjy224466[at]163.com

Message

 私は留学生活の中で、色々な人や色々な文化と出会いました。そこで様々な国籍、民族、言語、文化と接触しているうちに、「違い」より「共通」のほうが多かったと感じました。楽しい時には笑い、悲しい時には泣き、子供をかわいがり、親には感謝します。このように人間みな共通点をたくさん持ち合わせており、互いに分かり合えるはずなのです。それにも関わらず、現実では摩擦や戦争が止まりません。私はそのような現代社会に存在する、未知で複雑で困難な課題について考え、人間社会のあるべき姿を明らかにしたいと思います。
 私はこれらの課題を追究していくために言語文化を専攻し、現在は主に、日本語母語話者と中国語母語話者それぞれにおける、親しい関係間の関係修復モデルについて研究しています。両言語文化の共通点と相違点を提示することは、日本語母語話者と中国語母語話者の間に現れかねないミスコミュニケーションを防ぐことに繋がると考えています。加えて、超域イノベーション博士課程プログラムを通じて、高い専門性を備えながら全体を柔軟に俯瞰し、自身の専門性を別の分野で行かせる力、理論を実践に活かせる力を身につけたいと思います。
 日々の勉学は小さな一歩の積み重ねでしかありませんが、夢を胸に抱えて一歩ずつ頑張っています。

During the past three years of studying in Japan ,I’ve met lots of different people and got the access to experiencing various cultures. Knowing more cultures, I also realize that the similarities are much more than the differences. Every one tends to laugh when they feel happy and cry when they feel sad. And people usually care much about their kids and keep the grateful hearts to parents. The similarities of all kinds of people make it easy to understand each other. However, the fight and friction never stop. To figure out the better social situation, I am aiming at solving the complicated and difficult problems in the modern society.
To understand further development of the project, I chose the language and culture as my major, doing research which focuses on the different ways Chinese native speakers and Japanese native speakers maintain their close relationship. By emphasizing the similarities and differences of these two languages, it will also be helpful to avoid the common mistakes in communications. Through the Cross-Boundary Innovation Program, I can achieve more improvements and prepare myself better.
Rome was not built in one day. I will try my best and keep working hard.