研究科Graduate School
工学研究科
Graduate School of Engineering
専攻

Major
環境・エネルギー工学専攻
Divison of Sustainable Energy and Environmental Engineering
専門分野
Field of Specialty
原子力工学
Nuclear Engineering
所属学会
Affiliated Academic Society
日本原子力学会
Atomic Energy Society of Japan
職歴・学歴



Education
2010年3月 岐阜県立加茂高等学校卒業
2015年3月 学士(工学) 関西大学環境都市工学部環境・エネルギー工学専攻
2017年3月 修士(工学)大阪大学大学院工学研究科
Mar. 2010. Kamo High School, Gifu
Mar. 2015. Bachelor(Engineer) Kansai University
Mar. 2016. Master(Engineer) Osaka University, Graduate School of Engineering
趣味・特技
Hobbies/Interests
読書、音楽鑑賞、サイクリング、サッカー観戦、魚釣り
Reading novels, Lintening to music, Cycring, Watching a soccor match, Fishing
卒業論文

Thesis
表面界面効果を考慮した溶融燃料中からの揮発性核分裂生成物の挙動評価
Behavior characterization of volatile fission products in meltdown nuclear fuels by a method in consideration of surface and interface effects
論文・活動実績
【Poster Award】 
日本原子力学会2016年第29回核燃料部会夏期セミナー、イットリア安定化ジルコニアとCsIの相互作用ならびにCsIの溶融状態観察、最優秀ポスター発表賞

日本原子力学会2016年秋の大会ポスター発表、CsIの溶融物性に及ぼす固体表面形態の影響、社会的インパクト賞

J-Actinet「核燃料・アクチニド研究の将来を担う学生・若手・中堅研究者」、イットリア安定化ジルコニアの単結晶表面におけるCsIの溶融状態観察、優秀発表賞
その他
広域アジア地域におけるインターンシップ派遣プログラム(カップリング・インターンシップ(CIS))2015 年修了

【社会的活動】
2009年 Kansai Inter-college Debate League 運営
2010年 Kansai English Speaking Society Debate 運営
独創的教育
研究活動費
2016年度
「原子力産業に関する包括的な現状把握ならびに現地調査」
研究室
山中研究室
E-mail
hishii[at]cbi.osaka-u.ac.jp

Message

 私は原子力工学を専攻しています。私の研究は、燃料の表面からの放射性物質の放出挙動を解明することを目的としています。燃料から放射性物質がどのように放出されるかを詳しく調べることで、事故時の被害予測の高精度化に貢献すると考えています。
 原子力分野は高レベル放射性廃棄物の管理、原発立地自治体との対話といった一筋縄での解決が難しい問題が多く残されています。理系の超域的な博士人材として、原子力分野の抱える問題を解決に導き、さらには資源に乏しい日本のエネルギー需給に貢献する人材になりたいと考えています。

I am studying nuclear engineering. My study focuses on the behavior of volatile fission products on the surface of nuclear fuel. The results enhance the reliability of damage prediction during nuclear disaster. Nuclear industry is facing smany complicated problems like high-level radioactive waste disposal, nuclear non-proliferation and risk communication. I should be the one to solve these matters and contribute to the Japanese energy society.