研究科
Graduate School
法学研究科
Graduate School of Law and Politics
専攻
Major
法学・政治学専攻
Department of Law and Politics
専門分野
Field of Specialty
法理学/法哲学
Jurisprudence, Legal Philosophy
所属学会
Affiliated Academic Society
日本法哲学会
Japan Association of Legal Philosophy
職歴・学歴



Education
2011年3月 私立高槻高等学校卒業
2015年3月 学士(法学)大阪大学法学部法学科
2017年3月 修士(法学)大阪大学大学院法学研究科法学・政治学専攻博士前期課程
Mar. 2011. Takatsuki High School
Mar. 2015. Bachelor (Law) Osaka University, Department of Law, School of Law
Mar. 2017. Master (Law) Osaka University, Graduate School of Law and Politics
趣味・特技
Hobbies/Interests
旅行、読書、音楽鑑賞、楽器演奏
Travel
Reading Books
Listening Music
Playing Musical Instruments
論文・
活動実績
Master’s Thesis
【修士論文】
法的因果関係の再検討-ハート=オノレの議論を手がかりに-
【Master’s Thesis】
Reexamination of Legal Causation: In the Basis of Hart & Honoré
その他



others
【TA】
2016年 4月〜8月 大阪大学法学部「法学の基礎」
2017年 4月〜8月 大阪大学法学部「法学の基礎」、同「演習1a/2a(法理学)」
【TA】
Apr.-Aug. 2016 Osaka University Faculty of Law “Introduction to Legal Studies”
Apr.-Aug. 2017 Osaka University Faculty of Law “Introduction to Legal Studies”, “Seminar Work 1a/2a (Jurisprudence)
独創的教育研究
2015年度
「高度科学技術社会における専門家に対する期待」の法理学的考察に向けての調査

2016年度
「高度科学技術社会における専門家に対する期待」の法理学的考察に向けての導入的検討
E-mail
nyamamoto[at]cbi.osaka-u.ac.jp

Message

 現代、法は人々から様々な機能を要請され、自然科学を含む多くの分野と関わりを持ちながら、現実に様々な役割を果たしています。また、社会において法が必要なものであり、有用なものであることは、当然のことと捉えられていると言っても過言ではありません。しかし、大きな期待を背負う法にも出来ることには限界があるのではないでしょうか。私は、このような問題関心から、法と科学の関係性をテーマに、法の限界を見極め、人々から信頼される法システムのあるべき姿を追求しています。
 私は、社会インフラのひとつである「法」への考察を深めることが、現代社会が抱える問題に対して重要な意味を持つと確信しています。本プログラムの活動を通して、その成果を披露する時を楽しみにお待ちください。

Today law is necessary for people in various contexts and functions, and it plays an important role in our society. However, I think that the law also has limits in its competence. So, I want to seek the limitation of law by researching the relationship between law and science, and also I’d like to pursue the ideal legal system that is trusted by people.
I believe that thinking about law has significant meanings for the problems of modern society. In the future, I want to have practical results to show for my efforts.