研究科
Graduate School
医学研究科
Graduate School of Medicine
専攻
Major
保健学専攻
Nursing
専門分野

Field of Specialty
ヘルスプロモーション科学講座
Community Health Nursing
職歴・学歴
出身高校 白陵高等学校
出身大学 大阪大学医学部保健学科

Monash University(Extension)
卒業論文
糖尿病看護認定看護師が実践の中でつかんだパターンマネジメントの支援のコツ・秘訣
独創的教育
研究活動費
「日本と海外における「健康寿命」の定義の認識を通して考えるより妥当な「健康寿命」の定義の提案」

Message

  予防医療に関心があります。その中でも、日常生活で制限のない期間を示す「健康寿命」について研究をしています。
 私の研究は「高齢者が健康にその人らしく長く生きるため」のアプローチ方法を探求する事を目的としており、超高齢社会を迎えた日本において重要な社会的意義があるといわれています。
 しかし、「健康」とはどのような状態を指すものなのかは人により捉え方が違います。医療的な視点のみで考察すると、「その人らしく生きる」という観点から外れる可能性があります。
 超域イノベーションプログラムには、様々な研究分野の学生が共にある課題について考え、意見を出し合う機会が多くあります。
 私はこの他分野の学生の意見に触れるたびに、新しい知見を得ることが出来、多角的に物事をとらえようと努力する自分がいることに気付きます。このような積み重ねで得られた柔軟な思考方法が、私の専門分野の研究に良い影響を与えるだろうと考えています。
  研究室だけではできない経験と学びを超域で得ることで、研究のみならず自らのキャリアや人間性が良い方向に進んで行ける様、努力を続けていきたいと思います。

I am interested in the prevention of disease. In particular, my research is healthy life expectancy. Healthy life expectancy means years of life expected to be lived in full health. The objective of my research is to search for an approach for elderly people in order to live healthily and keep their lifestyle. This is very important in recent Japanese society because of the coming unprecedented aging of Japan. However, the thoughts of health are different person to person. If I research about this topic from only a medical point of view, there is a risk of changing what it means to live like a person. CBI has a lot of opportunities to think about some problems and exchange views with students from different study areas. When I hear other students’ ideas, I can always get new knowledge. And also I can find myself making an effort to recognize something from various aspects. This way of thinking flexibly will have a good influence on my research. In order to get special experience in CBI that is only possible outside of a laboratory, I want to make an effort to be good not only for my research, but also for my career and my humanity.