研究科
Graduate School
基礎工学研究科
Graduate School of Engineering Science
専攻
Major
物質創成専攻
Department of Materials Engineering Science
専門分野
Field of Specialty
物性物理学
Theory of condensed matter physics
所属学会
Affiliated Academic Society
日本物理学会
The Physical Society of Japan
職歴・学歴

Education
2008年3月 高槻高等学校 卒業
2015年3月 学士(理学)大阪市立大学理学部物理学科
Mar.2015 Bachelor(Science) Osaka City University Graduate School of Science
Mar.2009 Takatsuki High school
趣味・特技
Hobbies/Interests
ピアノ、ギター、ジャズ、スノーボード
Piano,Guitar,Jazz,Snowbording
卒業研究
群の表現と2重量子ドット系の低エネルギー有効モデルの形
独創的教育
研究活動費
2015年度 物理学における現代哲学的アプローチ
研究室URL
小口研究室
E-mail
hkatsumoto[at]cbi.osaka-u.ac.jp

Message

 学問を積み上げていくことは私の一つの生き方なのだと思っていますが、それと同時に好奇心は様々な方向に向いています。その一つの受け皿がここにある気がしています。人間の好奇心とは恐ろしいもので、少し知識が入ると、途端にもっと知りたくなったり、今まで持っていた知識と連結されて大きなネットワークを構築するきっかけにもなります。現代における科学技術の発展とそれに関わる社会現象の発生のタイムラグは日々縮まってきており、その中で物理学者が活躍する場はより広範囲なものになってくると思っています。その理由としては物理学は実は他の学問分野と融合性が高いからです。つまり、物理学は化学、生物学、数学は言うまでもなく、情報科学、経済学、哲学、心理学、認知科学に至るまでも、物理学者がコミットしている場面は少ないかもしれませんが、物理的事象を解明、探求する上で大きな関わりを有しているからです。物理学を日々極めていくことと同時に他分野に手を伸ばして知識を広めることは、私にとって大きな喜びを与えてくれます。それに伴って、日常的な様々な問題が浮かび上がってくることに気がつきました。しかしながら、それぞれの問題は果たして解決するべきものなのかといった疑問も同時に湧いてきます。それこそ価値観の押し売りになる場面も少なくありません。以上のように日々学びながら、世界、そして人間を少しづつ知り、理解していきたいと思っています。

The more I learn, the more I realize I don’t know. The more I realize I don’t know, the more I want to learn. I want to know gradually about the world and human beings.