研究科
Graduate School
理学研究科
Graduate School of Science
専攻
Major
宇宙地球科学専攻
Department of Earth and Space Science
専門分野

Field of Specialty
惑星科学
惑星地質学
アストロダイナミクス
Planetary Science
Astrogeology
Astrodynamics
所属学会

Affiliated Academic Society
日本惑星科学会
日本地球惑星科学連合
The Japanese Society for Planetary Sciencies
Japan Geoscience Union
職歴・学歴



Education
2011年3月 学校法人平松学園 大分東明高校 卒業
2015年3月 学士(理学)大阪大学理学部物理学科
2017年3月 修士(理学)大阪大学大学院理学研究科宇宙地球科学専攻
March 2011. Oita Tomei High School
March 2015. Bachelor (Science) Department of Physics, School of Science, Osaka University
March 2017. Master (Science) Department of Earth and Space Science, Graduate School of Science, Osaka University
趣味・特技



Hobbies/Interests
フクロウ
温泉
体力づくり
Owls
Hot springs
Fitness training
卒業論文
モデル天体の重力場計算
修士論文


Master Thesis
【修士論文】
小惑星イトカワにおける自転および内部密度分布が表面重力場に与える影響に関する研究
Effects of Rotation and Interior Density Distribution on the Surface Gravity Field of Asteroid Itokawa
論文・
活動実績












Activity
【ポスター発表(査読なし)】
◯Kanamaru M., Sasaki S., “Investigating the Effects of the Rotation and Interior Density Distribution on theSurface Gravity Field of Asteroid Itokawa”, Lunar and Planetary Science Conference (LPSC) 48th, T313, #2881, Woodlands, Texas, USA, March 2017.

【口頭発表(査読なし)】
◯Kanamaru M., Sasaki S., “Estimation of Interior Density Distribution for Asteroid Itokawa”, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, PPS02-22 (Joint Session with American Geophysical Union), Chiba, Japan, May 2017.

他9報
Poster Presentation:
◯Kanamaru M., Sasaki S., “Investigating the Effects of the Rotation and Interior Density Distribution on theSurface Gravity Field of Asteroid Itokawa”, Lunar and Planetary Science Conference (LPSC) 48th, T313, #2881, Woodlands, Texas, USA, March 2017.

Oral Presentaiton:
◯Kanamaru M., Sasaki S., “Estimation of Interior Density Distribution for Asteroid Itokawa”, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, PPS02-22 (Joint Session with American Geophysical Union), Chiba, Japan, May 2017.

and more.
その他






Others
【TA】
2015年4月〜2016年2月 大阪大学全学教育推進機構 ジュニア・ティーチング・アシスタント 「自然科学実験2」
2015年10月〜2016年3月 大阪大学全学教育推進機構 ジュニア・ティーチング・アシスタント 「宇宙地球科学2」
2016年4月〜2016年9月 大阪大学全学教育推進機構 ジュニア・ティーチング・アシスタント 「自然科学実験2」
Teaching Assistant for the Center for Education in Liberal Arts and Sciences, Osaka University
April 2015 – February 2016. “Science Laboratory 2 (Geology)”
October 2015 – March 2016. “Earth and Space Science 2”
April 2016 – September 2016. “Science Laboratory 2 (Geology)”
独創的
教育研究
2015年度
「惑星科学分野の動向を知り、有効なアプローチを身につける」

2016年度
「宇宙科学の学術的成果および社会的意義の調査研究」
活動実績
【ポスター発表】
Kanamaru M., Sasaki S., “Surface gravity and topography on Itokawa”, International Workshop on “Exoplanets and Disks: Their Formation and Diversity Ⅲ”, Okinawa, Japan, February 2016.
研究室
惑星物質学グループ
(佐々木研究室)
E-mail
mkanamaru[at]cbi.osaka-u.ac.jp

Message

 私が専門とする分野は「惑星科学」と呼ばれ、我々が暮らす太陽系に関するサイエンスを指します。太陽系がどのように生まれ、育まれてきたかを解き明かすことは、惑星科学の究極の目標と言えます。私は特に、「太陽系小天体」と呼ばれる小さな天体を研究対象としています。太陽系小天体には、小惑星や彗星といった天体が含まれ、その大きさは数百メートルから数十キロメートルほどです。この小さな天体に宿る太陽系の歴史を紐解く手がかりを求めて、各国で小惑星探査が盛んに行われています。博士課程における私の目標は、そうした宇宙探査の運用に携わりながら、科学成果の創出に貢献していくことです。

 超域プログラムは、専門とは異なるフィールドあるいはスケールで貴重な機会を提供してくれます。そうした経験は、自身の研究に向かう姿勢にも大きな影響を与えています。仲間たちと切磋琢磨する中で、さらに多くを吸収すると共に、将来実現すべき「超域イノベーション博士人材」への自分なりの解答を示していけるような年にしたいと思います。

I belong to a laboratory studying Earth science and planetary science. My work is to analyze remote-sencing data obtained by a spacecraft for better understanding of origins of asteroids and comets, called Small Solar System Bodies. I’m interested in the history of the solar system: How was it born and how did it evolve? Deep space exploration and space development require international cooperation. These processes have not only the significance of science and engineering but also political and diplomatic meanings. In the future, I want to find a way to contribute to Japan’s better space strategies as a person who has a scientific background. I expect to go through many informative activities and projects in the CBI program for the future career.
In addition, my biggest passion is wild animals, especially owls. I’m strongly intersted in various problems arising from their contact with human lives, such as endangered animals and damages on human lives by animals.