研究科
Graduate School
経済学研究科
Graduate School of Economics
専攻
Major
経済学専攻
Economics
専門分野
Field of Specialty
公共政策、地方財政
Public Policy
所属学会
Affiliated Academic Society
日本経済学会
Japanese Economic Association
職歴・学歴




Education
2011年3月 京都府立嵯峨野高等学校 卒業
2015年3月 学士(法学)大阪大学法学部国際公共政策政策学科
2017年3月 修士(経済学)大阪大学経済学研究科
2014年1月〜6月 University of Gothenburg, Sweden (Extension, Economics)
Mar. 2017. Master(Economics) Osaka University, Graduate School of EconomicsMar. 2015. Bachelor(law) Osaka University, School of International Public Policy
Apr-Jun. 2014 University of Gothenburg, Sweden (Extension, Economics)
Mar. 2011. Sagano High School, Kyoto
修士論文 or
卒業論文

Master Thesis
【修士論文】
Goto (2017) ”Municipal Merger under Tax Competition with Debt”
【Master Thesis】
Goto (2017) ”Municipal Merger under Tax Competition with Debt”
その他







Others
【TA】
2015年 4月〜9月 大阪大学 「ミクロ経済入門」
2016年 4月〜 大阪大学 「公共経済学」「セミナー2・3・4」
2017年 4月~ 大阪大学 「公共経済Ⅰ・Ⅱ」

【社会的活動】
2012年 7月〜2017年 3月  大阪府豊能町吉川での地域活性化サポート
【TA】
Apr-Sep. 2015 Osaka University 「Micro economics」「Seminar 2/3/4」
Apr. 2016- Osaka University 「Public economics」 「Seminar 2/3/4」

【Social Activity】
Jul. 2012- Mar. 2017Social Volunteer in Toyono town, Osaka
独創的教育
研究活動費

2015年度「ビザ緩和による訪日外国人への影響と不法残留外国人への影響に関する実証分析」
研究室
赤井研究室
個人HP
後藤 剛志
E-mail
gt510244.goto[@]gmail.com

Message

 私は少子化や高齢化が進行し、財政が悪化している日本社会において、人々の生活が持続可能なものとなるために政府がどのような制度・政策を採用していくべきかについて地方財政の観点から研究を進めていきたいと思っています。
 政府の制度や政策といったものは、政治や行政といった「文系」の領域に密接にかかわるだけでなく、医療や科学技術など「理系」の領域にもかかわって、人々の生活に影響を及ぼします。
 超域イノベーション博士課程プログラムは「超えることでしか生まれない」イノベーションの創出をめざしたプログラムです。学問領域の壁を超え、超域プログラムではさまざまな人の考え方、知識を吸収したいと考えています。そして、超域での経験を活かし、高度化・複雑化する社会に対応した制度や政策を提示できる研究者となりたいです。

Many problems relating to public policies are having the impact of causing the fiscal debt to increase in Japan. By considering these factors, my research is focused on what method the government should take to achieve sustainable improvement for people’s lives.
Japanese public policy deals with not only disciplines that are related to humanities, but also deals with fields of sciences such as medicine, engineering, technology and so on. And public policy has an effect on people’s lives in many ways.
The CBI program cultivates our ability to achieve what is “only possible by crossing boundaries.” Through this program, I try to absorb the knowledge and the ways of thinking in a variety of fields of study. Then I want to discover how we can sustain our life.