「“超”超域人インタビュー 〜超域を超えた存在〜」

2012.08.27 ソニーコンピューターサイエンス研究所 代表取締役社長 北野宏明様 インタビュー

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラムでは、2012年8月27日に課外活動として東京を訪問、本プログラムが目指す人材像、超域コンパスを体現されている方へのインタビューを実施しました。

題して、「“超”超域人インタビュー 〜超域を超えた存在〜」、今回はソニーコンピューターサイエンス研究所 代表取締役社長 北野宏明様へのインタビューの様子を一部抜粋し、レポートします。

◆研究者かつ経営者が考える、
 リーダーシップの3つの要素

 

ウルフ:「超域イノベーション博士課程プログラムの学生として、自分自身の研究者としてのあり方を考えていこうと思っているのですが、北野さんは研究者と社長という2つの役割がありますよね。研究者は特に時間が必要な仕事だと思います。経営によって研究活動に制限がかかることはないのでしょうか?あるいは逆に相乗効果を生むことなどもあるのでしょうか?」

北野さん:「どれだけ効率的に行うかですね。この研究所において、僕の役割はマネジメントですから、自分の研究だけでなく、人事、ファイナンス、労務、法務・コンプライアンスなど、会社運営一切の責任を取る必要がある。誰かが社長をやらなければならない、それをたまたま僕がやっているというだけなんです。またここ以外にも自分の独立した研究所(システムバイオロジー研究機構)を持っていて、10数人のスタッフがいます。その運営には自らファンドレイジングをしてこなければならない。例えばJSTのファンド、ルクセンブルグ、アメリカのFDA、あるいは製薬会社との契約など、ファイナンスはそっちの方が大変です。そこでの僕の最大の仕事はお金を稼いでくること。そこで働く人の人生がかかっていますから、彼らが安心して仕事ができる環境を整えることが僕の最大の仕事です。」

ウルフ:「自分にとってのリーダーシップとは目標を達成するために、仕事の配分や人の調整、進捗管理など組織をコーディネートすることだと思っています。環境整備や人間関係の調整など時間と精神力が必要だと思います。一方で研究者とは、特に大学院における研究者のイメージは研究にまっすぐ突き進むというか、没頭するというイメージが強いです。」

北野さん:「研究者にそういう人は必要ですよ。でも、そのリーダーシップは大学でのリーダーシップかな。」

ウルフ:「北野さんにとってのリーダーシップとは何ですか?」

北野さん:「3つありますね。何か目的があるときに、他の人がいることが前提ではなく、たった一人、自分一人になっても目的を達成すること。そのまま自分一人でやり遂げるのか、チームを作り直すかなど方法はいろいろあるでしょうが、とにかくミッションを達成すること。次に、関わった人たち、例えば会社だったら従業員たちに安心して働ける環境を提供すること。そして3つ目はチームに自分より優秀な人を出来るだけ多く入れることだと思います。」





◆優秀なチームを作るためには?

橋本:「自分に魅力があれば、自分より優秀な人を引き込むことができそうな気がするのですが、自分より優秀な人を引き込んでくるときに、どのようにその魅力を伝えたらいいのでしょうか?」

北野さん:「人間関係ではなく、ミッションで引き付けることだと思います。ミッションありきですよね。ミッションとその人の人生が同じベクトルに向いているかを重視すべきで、人間関係に基づいて作ったチームだとその中にいることが目的になってしまう。あくまで組織はミッションを達成することが目的であり、そのためにチームがあるということを忘れてはいけない。とにかくミッションが魅力的である必要があります。」

ウルフ:「一方でなかなか周囲にミッションの魅力を理解してもらうのが難しい場面もあるのではないでしょうか?

北野さん:「ミッションを分かりやすく説明できる、プレゼンテーション能力だと思います。ミッションを誰にでも分かる言葉で説明できることです。時々、「自分はすごい」というプレゼンテーションをする人がいるけど、「自分はすごい」ことを示しても人はついてこない、あるいはフォロワーのような人ばかりついてくる。その組織は、リーダーがいなくなったとき、機能しなくなる。それはRecipient(達成しようとするミッションで恩恵を受けるであろう人々)に対して非常に無責任ですよね。そういう意味では、リーダーシップの4つ目として、(これが一番重要ですが)、自分がいなくても機能するチームを作ることですね。ミッションの達成を前提にしてチームをつくること。ミッションのために、例えばメンバーのわがままを許容したり、色々大騒ぎしながらも組織として邁進していくこと。どこの組織でも、何か新しいことをやろうとすれば必ず反対意見を言ったりする人もいる。もちろん前に進まない時はイライラする場面もあります。しかし、その時、雰囲気や人間関係で物事を決めるのは、Functionalな意思決定手段ではないですよね。意思決定の際にどのような意見を言うか、そこにそれぞれの人がどうContributeするかが重要です。「そう思います」という人ばかりの付和雷同的な組織は極めて危険。人間は、どんなに優秀でも常に正しい意思決定をするなんてありえない。そんなとき、リーダーが間違うことを止められる人が組織として必要です。そういう組織を作っていかなければ、継続性は保てない。 それができない組織は、判断を誤り、滅びます。」



◆異分野の人をどう評価するか

橋本:「この研究所で研究されていらっしゃる方は様々な分野からこられていますよね?まったく分野が異なる方を、専門知識がない中でどのようにその人の研究を評価するのですか?

北野さん:「どれだけクレイジーかですよね(笑)。どれだけパラダイムシフトを起こせるか。あとはコミュニケーション能力。コミュニケーション・プレゼンテーション能力が高く、自分がやりたいことを専門用語を使わなくても説明できること。それに、イマジネーションだよね。自分が伝えたいことを伝えるときに、どうしたら伝わるのか、周りがどのようにそれを見るのかをイメージ出来るか。それがないと新しいことはできないですよ。もちろん、一つの専門分野の中で達成できるイノベーションもあると思いますよ、トラディッショナルな研究では。しかしイノベーションを起こそうとすると、(例えば今回の「超域」の取組みもそうだよね)一人でできるはずはないので、人を巻き込んでいけるような能力が必然的に求められる、この能力は重要ですね。」

ソニーコンピューターサイエンス研究所と
代表取締役社長北野宏明様のご紹介

ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)は、純粋にコンピュータサイエンスに関する研究を行う場として1988年2月に設立されました。 当時の設立趣意書には、「来るべき21世紀に照準を合わせた、コンピュータの歴史に残りうる価値を持った独創的な研究を行い、これによって広く社会・産業の発展に貢献するところにあります。」とあり、研究テーマは (1) 分散オペレーティングシステム、(2) コンピュータネットワーク、(3) プログラミング言語、 (4) ヒューマン・コンピュータ・インタラクションなど次世代を担うコンピュータシステムの基礎を担うものが中心でした。
その後、設立趣意の精神を受け継ぎつつ、応用可能な基礎研究を行うという方針のもと、システム複雑系、脳科学、意識と認知の機構、システム生物学などを研究テーマに加え、相互に影響を与えつつ新たな価値創造に向けて幅広く研究活動を展開しております。

研究には、その人の価値観、人生観、世界観が反映されます。研究テーマの選び方に始まり、アプローチや展開の仕方など、研究者個々人の流儀がそこに顕現してくるでしょう。研究者に個性があるように、研究所にも個性があるように思います。
 ソニーコンピュータサイエンス研究所の個性はどのようなものでしょうか?それは、Number One ではなく、Only One を目指すということ、つまり、誰もやっていない研究に取り組むということ。そして、それが、世の為人の為になる研究であるということです。
よって、重要な研究テーマは、時代背景やサイエンスの進展とともに変化して行きます。研究をするという事は、未来を切り開くという事であり、そこには人々の期待や願いが込められています。これに応えるには、誰も行かなかった領域に一人で立ち向かい、困難に対峙する姿勢が求められます。我々は、世の中に独自の貢献をし、歴史の評価に耐えうる研究所となることを目指しています。 参照:http://www.sonycsl.co.jp/about/

北野宏明様ご自身の研究に関するコメント

生命の本質を理解するには、劇的に進展している分子生物学の成果を基盤とした「システムとしての生命」の理解が必要になります。私は、システムバイオロジーという学問分野を提唱し、システム・レベルでの生命の原理を探求しています。特に、生命システムの持つ、ロバストネス(頑健性)の背後にある原理、頑健性と脆弱性のトレードオフ、ロバストでありながら進化可能である柔軟性などに、中心的な興味があり、生物学的ロバストネスの理論を構築しようと考えています。この理論基盤に基づき、がんなどの主要疾患の予防や治療方法の研究、人工的にロバストなシステムを構築する方法論の確立などに展開しています。
Kitano, H. (2002) Systems biology: a brief overview, Science, March, 1; 295(5560):1662-4.
Kitano, H. (2002) Computational systems biology, Nature, Nov. 14;420(6912):206-10.
参照:http://www.sonycsl.co.jp/lab/tokyo/hiroaki-kitano.html

■インタビューに参加した学生の紹介■

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士前期課程

橋本 奈保

計量経済学の手法を用いて、地域での外国人に対する寛容度に関する研究。学部はアメリカの大学で人類学と心理学を専攻。アメリカでの生活から多種多様な人々が共生していくことの難しさ、そしてその可能性について学んだ。今後は開発の人類学や社会心理学に経済学のアプローチも加えて、より広い視点から、国境を越え、多民族・多宗教・多言語のコミュニティができていく中で、平和的で発展的なコミュニティを作り維持していくためにはどのようなプログラムや取り組みが有効であるのかを明らかにする予定。研究を続けながら、実際に日本のみならず海外におけるコミュニティディベロプメントに関わっていきたいと考えている。

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム
大阪大学大学院国際公共政策研究科博士前期課程

ウルフ・ジャスティン

世界事情をより幅広い観点で捉えられるように来日し、2008年から大阪大学に在学。
専門分野は国際関係論、研究テーマは「人間の安全保障」・「外交論」・「紛争防止」。戦争防止(人道的介入など)をより平和的に、市民一人一人を保護できるものにしたいという理想を抱き、多様な分野に目を通し、勉強と研究を進めている。特に、アメリカの外交政策をより平和的なものにシフトさせるにはどのような政治的な動きが必要か、実際に何から変えていくのがより効果的かを検証予定。政府以外の人たちは紛争の被害を受ける人たちに対して何ができるか、支援と復興のことに強い関心を持つ。

大阪大学超域イノベーション博士課程プログラム
大阪大学大学院人間科学研究科博士前期課程

ルセフ・キリル

ブルガリアの高等学校卒業後一年間アメリカのニューヨーク大学に留学、2008年から大阪大学に在学中。学部は人間科学部で、社会科学を専攻。近代日本の工業化の過程で生じた社会変動について興味を持ち、卒業研究テーマには戦前日本における資本主義の分析を選定。現在は、戦前日本の社会問題解決を目指した社会政策学会の経済思想について研究。近年再び深刻化している社会問題を考えるうえで、政治と科学を結んだ社会政策学会の思想から学びとれることはあるかという問題が重要と考えている。社会政策学会のケースを分析して、19世紀後半から20世紀の初めに国境を越えるアイディアを導入することによって行われた日本の近代化を、我々がどのように捉えているのかを検討したいと考えている。